ホーム>ブログ>ブログ>BJ74 燃料ストレーナー生産終了につき、本体製作加工!
ブログ

BJ74 燃料ストレーナー生産終了につき、本体製作加工!

本日は平成1年式、ランクル BJ74の燃料ストレーナー(水分、異物のろ過装置)の製作加工ですdash

BJ系の燃料ストレーナーは2箇所あり、そのうちの1箇所のストレーナーが不良のために 燃料にエアーが混入するため エンジンが止まってしまう症状ですsweat01

皆さんご存じの通り、ディーゼルエンジンは燃料(軽油)にエアーが噛むとエンジンが動きませんsweat02
当然、ガス欠させてしまうと、エアー抜き作業が必要となります。
今回のランクルは、図2のように 既存の燃料ストレーナー下部のタンクを溶接にて修理形跡があります。そこからのエアー混入のようですsweat01

通常であれば、ストレーナー本体ユニットを交換で済むのですが、トヨタ共販もデンソー部品も 既に部品供給が止まってしまっていますdown

IN~OUTホースをバイパスしてしまえば、エンジンは始動するのでしょうが、万が一、エンジン内に水分、ゴミなどが入ってはいけませんpaper
ここは、GLOBALお得意の現車、現物加工ですscissors

1HZ用の中古品 エレメントブロックを手に入れ、さっそく取付加工です。
既存のパワステオイルタンクをエアークリーナーケース横へ移動して、スペースを作りますgood
あとは、エレメントブロック用の取付ブラケットを加工し、燃料ストレーナーをバイパスして完了ですscissors 

作業途中、ホース径が合わないsweat01 奥行きが足りないsweat01 ホース取り回しが出来ない…などなど有りましたが、何せ初めての加工ですので 時間がかかってしまい、申し訳ありませんでしたm(__)m

お客様のご理解のお陰で、十分な時間をかけて作業させて頂きましたnote

2014102115242.JPG2014102115310.JPG201410211541.JPG2014102115443.JPG2014102115557.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.global4x4.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/245