ホーム>ブログ>ブログ>96-86 86-96 グローバルとバルーグロ(^^)v
ブログ

96-86 86-96 グローバルとバルーグロ(^^)v

本日は、何のご縁かhappy01
96-86グローバルナンバー2台と、逆グローバル 86-96ナンバーがご入庫となりましたup

勿論、グローバルナンバーは当社にて販売納車させて頂きましたジムニーですが
逆グローバルナンバーの95プラドは、たまたま偶然sign02 96-86では無いので偶然ではないのですが
86-96も、何かのご縁ですね~happy01

95プラドは、12ヶ月法定点検でのご入庫ですが、オーナー様は車検と法定点検と1年毎にご入庫頂いておりますhappy01
走行もナントsign01 現在419,000キロ走行の1KZのターボディーゼル車ですが
エンジンは絶好調ですup
やはり、人間と一緒ですが、毎年ドックに入り状態診断実施しておりますので、今回はタイロットエンドのガタのため
ボールジョイントの交換作業で点検整備は完成致しましたgood
他は、定期的なシム締め付けや、油脂交換グリスアップ、各部分解清掃で、大きな出費はありませんhappy01
この法定12ヶ月点検ですが、車検と違い、法定点検ですが罰則規定がないため、全国的に、実施されないオーナー様も多いのですが
当社のお客様に限っては、実施率が非常に高く、それだけ「愛車」を永く乗りたい気持ちからご入庫頂くのだと思いますhappy01

家族やペット(犬)などの生き物に「愛」は付きますが、製品やモノに「愛」が付くのは、車だけですからね~up
必ずこの愛情は、長く安心して愛車を走らせることが出来ますgood

また本家グローバルナンバーのジムニーは、ボディーリフト工作とオイル漏れ修理でご入庫頂きましたdash
K6Aエンジンの泣き所でもあります、エンジンオイルクーラーからのオイル漏れですが、
このクーラーブロックは、タービン下に設置されており、Oリングは2枚で550円程度の部品ですが「画像6」
タービンを一旦外さなくては交換が出来ませんsweat01
オイル滲みの初期症状であれば、センターユニオンボルトの加締めで一旦はオイル漏れが止まるのですが
やはりこの高温度時期になりますと、劣化の進んだオイルシールでは、車両を止めていてもオイルがポタポタ漏れてきますね~coldsweats01

オイルと水は、車両管理には、無くてはならないモノですので
ここはしっかり原因を修理対策しなくてはイケませんね~good

2019626214340.JPG201962621443.JPG2019626214426.JPG2019626214448.JPG2019626214515.JPG2019626214540.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.global4x4.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1569