ホーム>ブログ>ブログ>ランクル70 ナックル全オーバーホール(^^)v
ブログ

ランクル70 ナックル全オーバーホール(^^)v

昨日のランクル73の法定点検に引き続き、本日もランクル73がご入庫ですdash

ナックル裏からのジョイントグリス漏れでご入庫頂きましたT様のランクル73ですdash
ナックル裏からのジョイントグリス漏れの場合、原因としては2通り考えられますflair
先ず一つは、ナックルオイルシールの劣化によるオイル漏れの場合と
二つ目は、キングピンベアリングの消耗劣化により、ナックルハウジング本体の揺れからお引き起こす
オイル押し出しですsweat01

今回の場合は、触診でナックル本体に既にガタが出ておりますので
原因としては、二つ目のキングピンベアリングの消耗劣化による、等速ジョイントグリスの押し出しですgood

さっそくナックルのオーバーホール作業となりますが
ジムニーなどのナックルとは違い、規格大ですので、ハンドツールではなかなか分解スピードが上がりませんsweat01
インパクトなどエアーツールの力に頼ってしまいますが
何せ、工具は全てオイルまみれになってしまいますdown
ピット内も、等速ジョイントグリス独特の匂いで充満しますね~coldsweats01

このナックルオーバーホール作業で一番重要な作業は、ナックルアームのサビ落としての磨き上げ作業ですgood
この手間を省くと、せっかくオーバーホールしてオイルシールを新物に交換しても
ナックルアームに付着したサビで、オイルシールに傷をつけてしまい
ナックル内に、砂ほこりや水などが混入し、キングピンベアリングを痛めてしまいますcoldsweats02

オーバーホール作業は安価な工賃ではありませんので
やはり長期改善が必須となりますhappy01
どんな作業にも言えることですが、小さな一手間が一番重要なサービス作業なんですup

2019102621119.jpg2019102621150.jpg2019102621213.jpg2019102621238.jpg201910262132.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.global4x4.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1659