ホーム>ブログ>ブログ>JB43 オートマミッション交換&エンジン不調修理(^^)v
ブログ

JB43 オートマミッション交換&エンジン不調修理(^^)v

本日は、珍しくJB43シェラが2台入庫しておりますhappy01

いずれの車両も走行18万キロ、21万キロと過走行車ですが
まだまだ現役up お客様お気に入りのジムニーシェラですhappy01

18万キロシェラは、当社販売のコンプリートですが
日々オフロード走行で酷使しております車両ですが、43シェラのオートマミッションの耐久性は
当社の経験では、良いイメージはなく
今回、走行不能になり、緊急修理となりましたcoldsweats01
オートマミッションを動かすシステムとしては、周辺装置色々ありますが
当社の故障診断は、ミッション本体と判断させて頂き、リビルトミッションへの載せ替え修理とさせて頂きましたgood

当然ミッション脱着作業ですので、
今後、エンジンオイル漏れトラブルの多い
クランクリヤのオイルシールも、せっかくですので関連交換実施させて頂きましたgood
このオイルシール自体は2500円程の部品代ですが、後々オイル漏れが発生しますと
再度ミッションを降ろさなくてはイケなく、2倍の作業工賃が発生してしまいますからね~
費用の掛かるご提案ですが、結果、後々お客様のお財布応援になりますので、ここはしっかり修理のご提案をしなくてはイケませんflair

また、21万キロシェラは、
エンジン不調で、当社に新規にご入庫頂きましたsign01

冷間時のアイドリング不調とハンチング現象ですsweat01
さっそく燃調系、点火系の総点検となりますが
先ずはプラグの消耗です。

プラグ外しの為、バルブカバーを外し、イグニッションコードを抜いていきますと…
プラグホール内にオイルが満タン状態sweat01「画像5」
これでは、スパーク電流がリークしてしまいますね~coldsweats01

さっそくタペットカバーを外し、パッキンの交換とプラグ交換実施ですgood
冷間時のアイドリング不調は、おそらくスロットルボディーのカーボン溜まりなのでしょう
スロットルボディー内部のカーボン除去と清掃で、快調に走ってくれると思われますup

記録簿などで整備歴を推測するに、近年ではスパークプラグやタペットカバーの加締め、カバーパッキンの交換歴はないようですので
過走行でも、車検や点検時にしっかりと整備して頂ければ
至って快調に走ってくれますので、日々の愛車管理は大切ですup 実施してあげて下さいhappy01

車への愛情は、必ず走りで答えてくれますhappy01

20201127222810.jpg20201127222834.jpg20201127223055.jpg20201127223117.jpg20201127223137.jpg20201127223211.jpg20201127223235.jpg20201127223259.jpg20201127223326.jpg20201127223342.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.global4x4.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1981