ホーム>ブログ>ブログ

ブログ

下回りシャーシ塗装(^^)v

本日は、継続車検でご入庫頂きましたD様のJB23の下回りシャーシ塗装ですdash

マッド遊びが大好きなオーナー様のご依頼で、社外パーツなどのカラーリングを残してのシャーシ塗装ですgood
まずは泥などの汚れをきれいに落とした後、十分に乾かしてから、マスキング養生ですscissors
ジムニーやランクルなどは、普通の車に比べてどうしても下回りが丸見えeyeですので、ここも大事な整備箇所ですhappy01

この定期的なシャーシ塗装が「四駆は長く乗れるsign01」 と言われる原因なのかも知れませんね~scissors

ボディー磨きも大切なメンテナンスではありますが、足元もしっかり整備しておく事が大切ですpaper
人間も靴などの足元に気を配っている人は、カッコ良く見えますよねflair 

201639204315.JPG201639204627.JPG201639204457.JPG201639204544.JPG

自家用車の車検が明日満了(^^ゞ

自分の自家用兼社用車の車検が明日切れてしまいますsweat01
3月満了sign03わかっててはいたのですが…慌ててこんな時間から、車検の準備ですhappy02

久しぶりに、段取り良く順調だった日に限って…やはり今日も残業ですdash あーストレスMAXweep

201638214746.JPG201638214823.JPG

 

 

JA22 クラッチ・オーバーホール(^^)v

本日は、クラッチ滑りでご入庫のK様のJA22のクラッチオーバーホールですdash

いつも遠方の嶺南からご入庫頂き、誠にありがとうございますm(__)m
ご入庫頂いた時点で、すでに1速ギヤがなかなか入らなくsweat01 ダブルクラッチでご来店ご入庫して頂きましたcoldsweats01

クラッチオーバーホールでは、カバー、ディスク、レリーズベアリングと定番3点セットの交換になりますgood
せっかくミッションを下ろしますので、よくオイル漏れを起こす、カムオイルシールの点検は必須ですflair
パイロットベアリングと併せて交換させて頂きましたscissors

ランクルなどのミッション下ろしに比べれば、ジムニーのミッション下ろしは、軽整備かもupですね~happy01

201636202320.JPG

 

201636201932.JPG

 

ランクル70 車検整備

本日は、昨年7月から修理ご依頼を請けておりましたランクル73の修理ですsweat01
嶺南地区のお客様ですが、「いつでもいいから、こちらに来た時にでいいから…」ということで、半年近くお待たせさせてしまいsweat01
4月満了の車検とあわせての整備となってしまいましたcoldsweats01 本当にお待たせさせてしまい申し訳ありませんでしたm(__)m

さっそく修理と車検整備ですgood
23万キロ走行のランクル73ですscissors 毎年当社で車検させて頂いておりますので、大きな故障部分は無いのですが…
今回は、「ハンドル振れ」があるとの事ですので、前回ナックルオーバーホール実施から9万キロ走行ですので
ハブベアリングの打ち換えと、純正ラテラルロッドの左右ロッドエンドブッシュ割れが多少有りましたので、ブッシュ打ち換えさせて頂きましたscissors
このブッシュはトヨタから単品での部品供給がありますgood
よく社外ラテラルもブッシュ劣化で交換を勧められロッドAssyで交換されるモータース様がおられますが、
社外ラテラルロッドもこの部分のブッシュは純正品を使用していますので、高価なラテラルロッドAssyでの交換をしなくても、ブッシュ打ち換えでOKですflair

永く乗る為には、お財布にやさしくなくてはイケませんsign01 この細かい修理がお車の状態を左右しますscissors

この安価で小さい部品ですが、ブッシュ打ち換え交換は意外に効果抜群なんですよup

201635195058.JPG201635195130.JPG   1個4,000円程のベアリングが、お車の状態を左右しますgood 小さな事からコツコツと…目指せ50万キロですねscissors

20163519526.JPG201635195243.JPG201635195324.JPG

 

ご家族ぐるみのお付き合いありがとうございます。

当社はジムニー・ランクルなどの四駆専門店ですが、本当に有り難い事にweep
皆様からセダン、ワゴン、商用車など、お車のご購入、修理・車検などのご相談頂き、ご家族ぐるみでのお付き合い頂き、本当に感謝ですm(__)m

本日は,、N様のエリシオンの継続車検整備ですhappy01
ご入庫時には、「ホルモン」のお土産まで頂き、本気を出さない訳にはイケませんsign03
作業はいつも本気でしていますがcoldsweats01、この度は完成後の洗車、清掃に今まで以上の本気を出させて頂きました~scissors

整備では、限界近くまで使い切って頂きましたcoldsweats01 前後ブレーキディスクパットと、
亀裂が入っていましたファンベルトの交換させて頂きましたgood

頂きました「ホルモン」は、社員と分け合って美味しく頂きましたbeer 
次回お越しの際には、絶対に手ぶらでご来店下さいhappy01  ご入庫、お引き取りと遠方からご来店誠にありがとうございましたm(__)m

20163421452.JPG20163421521.JPG20163421556.JPG20163421624.JPG

 

 

 

シーズン履き替えタイヤ交換(^^ゞ

本日のGLOBALピットですが、シーズン履き替えのタイヤ交換が順次ご入庫してきましたhappy01

チョット早い気もしますが…春が待ちきれないのでしょうね~up
朝夕はまだまだ冷え込みますので、日陰の路面凍結には十分気を付けて下さいねhappy01

20163317189.JPG

201633171836.JPG

 

ハイエース200 ヒッチメンバー取付

当社、お車ご購入のご紹介も本当に多いのですが、修理やカスタマイズのご紹介も多く、本当に感謝ですm(__)m
本日は、ジムニーオーナー様のT様のご紹介で、勤務先の社用車のハイエース200へのヒッチメンバー取付作業ですdash

お客様のご依頼により、準備させて頂きましたヒッチメンバーは、ソレックス製 T-123 ですhappy01
サイドメンバー部に大きな加工は必要有りませんが、スチール製ナット・ボルト類のサビ対策は勿論ですがpaper
袋構造のメンバー内のボルトにも、しっかりサビ対策させて頂きましたgood

ハイエース200系のテール裏への配線取り回しは、以前のハイエース100系に比べると、ホントに隙間余裕が全く無くsweat01
当社の場合は、テールユニット下のコーナーパネル裏に穴開け加工により、テール裏へと配線させて頂きます。
開口部のサビ対策と、防水コーキングscissors また、配線は全て被覆してあげる事で、配線の断線を防ぎますup

最短距離で、余分な曲がりなく配線加工してあげる事が、故障した場合などの修理費用も安く済みますからね~good

この度の新規ご入庫のご縁に感謝です。T様ありがとうございましたhappy01

201632211458.JPG20163221171.JPG   袋構造のサイドメンバー内や、ボルト・ナットにはしっかり防錆対策をしておきましょうgood

201632211733.JPG201632211833.JPG201632211910.JPG

 


 

ランクル70 ショック&シャックルブッシュ交換

本日は毎年滋賀県からご入庫頂いておりますF様の車検整備ですdash

毎年の分解整備車検実施車ですので、今回も特には大きな部品交換は発生しませんscissors
消耗品でもあるシャックルブッシュ交換と、定期的な油脂交換のデフ、トランスファーオイルの交換good
今回は、お客様からのご依頼のショック交換をさせて頂きましたhappy01

このシャックルブッシュ交換作業は、一手間加えないと折角交換しても、新品ブッシュを直ぐに痛めてしまいますsweat02
シャックルプレート、シャックルピンに付着したサビやスラッジをグラインダーや研摩ブラシ等でしっかり時間を掛けてストレスを無くしてあげないとイケませんgood
また、組み込み時は、ブッシュ本体にしっかりシリコングリスを塗ってから職場へ組み込んであげましょうup

今回のショックはプロコンプショックからRANCH9000Xへ変更good 
2016年オフロードも是非楽しんで下さいhappy01
いつも遠方からのご入庫、感謝ですm(__)m

201631212750.JPG20163121297.JPG  シャックルプレートやピンのブッシュ当り面の全ての面を、時間を惜しまずしっかり研摩してあげましょうgood

201631212955.JPG

車検、車検、車検(^^)v

2月末sign01 車検、車検、車検ですgood

70系ランクルsign01 立て続けのビックフット3台ですdash 合間にジムニーscissors
肉、肉、肉、野菜sign03 我が家の焼き肉の逆バージョンのようですcoldsweats01 

2016228184635.JPG2016228184811.JPG2016228184853.JPG

JB33 ショックマウント折れ

本日は、JB33のリヤショックのロア側マウントボルト折れの修理ですdash

JB系のリヤショックのロア側マウント折れは、年間でも数台ご入庫されますsweat01
オフロードでのマウント突き上げによるボルト折れや、マウントボルト緩みから生じるボルト折れなどなどcoldsweats02
この修理は非常に厄介で、当社も当初はボルト穴を貫通させ、ナットとボルトで共締めさせていましたが…
貫通作業が難を極め、一か所貫通させるのにも小一時間掛る作業でしたsweat02
費用対効果の面からも良くないと…色々試行錯誤した結果、マウント自体をブラケットで移動させ、既存の折れたマウント部は
溶接にて固定補強することにgood
この様にすることで、直接ショックへのヒットが無くなり、ボルト折れの心配は無くなりますscissors
また、リヤのスプリングシートからも数㎜オフセット出来ますので、ショックボトムへの干渉も防げますので
ボトムの太いPRO COMPやRANCH製のショックなどには最適のアイテムかもscissors

お客様の故障で、考えさせて頂ける事が技術の進歩につながる事なのかも知れませんねhappy01

201622720449.JPG201622720641.JPG201622720724.JPG