ホーム>ブログ>ブログ

ブログ

ランクル80 GX 車検&雨漏り修理!

本日は、K様のランクル80車検整備と 荷室の雨漏り修理ですdash

荷室 左側の工具ポケットに雨漏りで雨水が溜まってしまい、荷室カーペットまでもが 「ベタベタ」 に濡れてしまっていますdown
GXなどの観音開きの場合は、よくルーフエンド内側からの雨漏りに悩ませられますが、すでにこのGXは対策済みですので…sign02です。

さっそく室内に入って、外から水をかけてみると…
クオーターガラス下から 「ポタポタ」 水が入ってきますsweat01 以前クオーターガラスをワゴン用の開き式ガラスにしていますので相性が合わないのでしょうかsign02
そんな事は無いですpunch

まずはガラスを外して見ますdash やはりパッキンの劣化からくる雨漏りのようですsweat02
ガラスランのパッキンも縮んでしまっていますので、この際ですので ガラスラン側、アウター側のパッキンを交換させて頂きましたup
作業後のポイント水かけ確認では、しっかり雨漏れは止まってくれましたscissors

2015125205715.JPG201512520582.JPG2015125205913.JPG2015125205947.JPG

 

2月間近!いよいよ込んできました(^^)v

本日のGLOBALピットですdash

2月の声が聞こえて来ると、毎年の事ですが車検、販売、修理と込み合ってきましたsweat01

昨年春は、消費税増税前ということもあり、新車コンプリートやリフトアップなどのカスタムご依頼と非常に込み合いましたが、
今年も軽自動車の自動車税増税の影響でしょうか、新車コンプリートが昨年と変わらないペースでご注文を頂いております。本当に有り難い事ですhappy01

2月、3月は車検が多い時期になっておりますので、お客様には何かとご迷惑お掛け致しますが、代車の回転を出来る限りスムーズに…
作業ご入庫に、出来る限りお待ち頂かないよう頑張って段取りさせて頂きますので、
お車ご入庫の際のお持込みなどの、ご協力とご理解の程、宜しくお願い致しますm(__)m

2015124191045.JPG2015124191130.JPG

JA11 エンジン不調!

「GLOBALブログ」をご覧になっておられる方が多く、「最近ブログアップが少ないですね…down」と今日も言われてしまいましたsweat02

本日は、Y様のジムニーJA11のエンジン不調修理ですdash

最近、朝出勤時や会社帰宅時の冷間時に 加速に伸びが無く、エンジンがかぶるような症状が出るようになりました…とのご入庫ですsweat01
F6Aのエンジンによくある症状で、さっそく一晩お預かりし、朝一試乗ですpaper
確かに吹きあがり、ターボ制動時などは息つくような症状ですsweat02

まずは、スパークプラグとハイテンションコードの交換ですscissors プラグは特に消耗して無いようですが、どうもハイテンションコードがリークしているようですdown
この症状は、フューエルストレーナーの詰まりからもよく発症するので、今回はセットで交換させて頂きましたscissors

修理後の試乗では、これがF6Aターボの走りですup すこぶる快調です。ストレス無く 楽しんで今後も乗って下さいscissors

201512221195.JPG2015122212140.JPG2015122212052.JPG


 

JB23 ブレーキング時のジャダー修理!

本日は、E様のJB23が 「ブレーキを踏むとジャダーが出るsweat01」 との事で入庫ですdash

E様のジムニーのジャダー対策修理は以前に作業済みの車ですので…sign02
今回のジャダー発症はブレーキング時のみsign01 やはりブレーキディスクローターが原因でしたpaper

走行キロは5万キロ台ですが、この時期の福井県は融雪剤などによるサビが原因で、ディスクローターに歪みが出たのでしょうdown
天候は雨降り、降雪時期ですが、小マメな足回り洗車をお勧め致しますgood

20151211035.JPG201512110444.JPG201512110529.JPG

JA12 ダイナモ交換!

本日は、W様のジムニーのダイナモ交換ですdash

昨日の夜、「ガソリンスタンドで給油後 エンジンがかからなくなったsweat02」との連絡を受け、緊急で引き取り搬送ですdash
会社に戻り、積載車から下ろす際には、普通にエンジンがかかります……sign02

お客様に故障当日以前の状況を確認したところ、「実は年始早々、エンジンがかからなく 当社がまだ年始休みだったので、仕方無く近くのディーラーで修理してもらいました…」との事、また「それ以前にもエンジンがかからなかったり、かかったりしてましたsign04
その時の修理内容は、バッテリー交換で直りましたの事ですdown

さっそく点火系、燃調系の点検です……paper

ダイナモの発電圧は…一時正常なのですが、ヘッドライト点灯・リヤ熱線ON・オーディオON…impact ダイナモ発電しませんsign03
どうも負荷をかけるとダイナモが発電しません。
今回の故障タイミングが夜間ということもあり、おそらくダイナモに負荷がかかったのでしょうgood
さっそく、ダイナモ本体をリビルト品に交換させて頂き、ジムニー復活ですup   よかったよかったと言うお話ですscissors

2015117201925.JPG2015117202119.JPG2015117202253.JPG
 

 

デリカD5 海王さんの70㎜リフトアップ作業!

本日は、先日来からご依頼のありました、新規ご入庫のM様の26年 デリカD5ディーゼルのリフトアップ作業ですdash

当社も今回初めての車種でのリフトアップ作業になりましたup
パーツは 海王さんの70㎜のリフトアップKitですscissors

リジット式のジムニーやランクルなどとは、全然全く違い、メンバーダウンやエンジン本体ダウン・ショック/サスへのスペーサー取付などなどで70㎜リフトさせるKitですgood
ジムニーの新車コンプリートと違い、高年式と初めての作業という事もあり非常に緊張した時間で作業させて頂きましたflair

ボンネットバンと違い、フロントショック脱着の際には このデリカはフロントワイパー全体部を外さないと作業が出来ませんsweat01
エンジンマウントダウン作業では、コンピューター自体も外さないと作業が出来ませんsweat01
各々、今までに無い作業で、本当に勉強させて頂きましたscissors

ただ、残念なのは、海王さんのKitには 各センサーやワイヤーなどの延長補正パーツが付属されて無い事ですdown
海王さんに問合わせしたところ、「バンドなどで近くの設備に固定、もしくは余裕もてせて遊ばして下さい。」 との事down
これはGLOBALの経験では、他の部品と擦れ合う事で 配線やケーブルの被服部分が破れ故障の原因となる懸念があるので、延長やバイパス補正はしっかり固定が必要ですscissors
「画像3」のように、既存のクランプステーを切断して、一番良い位置へ溶接にてステー取付ですscissors

また、今回の作業での新設社外ボルトは 「画像5」のように、緩み防止とサビによる強度不良を避けるため 刷毛塗りペイントですscissors

漸く本日作業も完成し、明日はアライメント測定、調整です。お時間頂きましたが、明後日には納車となりますので、M様もうしばらくお待ち下さいnotes

2015116212435.JPG2015116212524.JPG2015116212649.JPGサイドブレーキワイヤーのクランプステーを30㎜ほど斜め上へ溶接移動scissors

2015116212844.JPG2015116213224.JPGABSセンサークランプ増設scissors

2015116213323.JPG

 

JB23 ソルブショックに装換(^^)v

本日は、滋賀県からご来店のN様のジムニーのショック交換ですdash

毎回、遠方よりのご来店 誠にありがとうございます。スタッフ一同感謝ですnote

4~5万キロ使用の既存のカントリーサスの減衰力の低下の為、今回はタニグチ製のソルブロングショックへ装換ですup
4月の継続車検もご予約頂き、本当にありがとうございます。
4月も一生懸命頑張らせて頂きますので、また遠方ですが、ご来店お待ちしておりますsun

20151122010.JPG201511220147.JPG

 

ランクル80 電動シート修理、フューエルオープナー修理!

本日は、K様の希少車sign01ランクル80Lパッケージ限定車の 助手席のパワーシート修理と燃料給油口開閉不良の修理ですdash

作業のご依頼は、昨年末にお聞きしておりましたが、年末でメーカー部品出庫が止まってしまっていましたので年明けの修理となってしまいましたdown ごめんなさいsweat02

さっそく部品が入庫しましたのでご入庫頂きましたscissors

フューエルオープナーの故障は、ランクル80ではよくある修理ですdown
ワイヤーを運転席シート下→センターコンソール下→助手席シート下→左側ステップ下を通ってから クオーターパネル裏までのラインで通しますsweat01
今回のランクル80は荷室にキャンパーKItが積んでありますので、かなりの分解作業となりましたsweat02

ランクル80の電動シート不良は本当に定番の修理ですが、これが以外と大変で、シート自体も重く、レールの分解に難を要しますsweat01
レール全体の構成部品はパーツ点数はかなり細かくあるのですが、多くの場合は 「画像3」 のギヤなめによる作動不良ですscissors
部品代も以外と高く8,700円sad 修理に踏み込めないオーナー様も多いようです…cloud

当社も頑張って作業は出来る限り安価にてさせて頂いておりますので、せっかくの高級アイテムですのでお直し下さいnote

2015111192524.JPG2015111192627.JPG2015111192657.JPG2015111192731.JPG

ランクル70 マニュアルハブへ装換!

本日は、M様のランクル77の 「四駆が入らないsweat01」 とのご入庫ですdash

この時期になると、同じような故障で毎年数台のランクルが入庫しますdash

その多くのランクル系は電動オートフリーハブの故障による、四駆切り替え不良は多いので、まずは電動フリーハブ内のモーターの動きを確認してみますsign04が、やはり動いていませんsweat02
でも気がかりなのは、オートフリーハブ故障の場合は 「ハブロック」 スイッチ点滅するのですが、このランクルの場合はスインチONでしっかり点灯しますsweat01
ハブブロック内のブラシも確かに減っていますが… 
それならと、直接24V電圧をブラシに接続してあげると、モーターが動きますsign02good

おそらく、「4WDコンピューター」 のいたずらでしょうdanger
コンピューター自体も高額ですし、将来的な電動フリーハブ故障可能性も含み 今回はマニュアルハブへと装換させて頂きましたscissors

漸く四駆復活ですup まだまだ雪は続くと思いますので、是非活躍の場が有りますように…note

2015110125543.JPG201511012571.JPG2015110125734.JPG201511012586.JPG


 

JA11幌 ワイパーリンクベース陥没(ーー;)

本日は、Y様のジムニーJA幌のワイパー修理ですdash

部品商に問合わせしたところ 「年始からワイパー関連の部品注文が殺到してます…」 との事、当社でも数台修理ご依頼が入っておりますsweat01
今回のジムニー幌車の場合は、フロントガラスが前倒れしますので、作業にそう難は要しませんし、陥没したパネル裏側で溶接作業が出来ますのでラッキーですup
今回はせっかくですので、左右のパネル強化をさせていただきますscissors
表側には、アルミ縞板を加工して幅広く補強と防水コーキング施工でサビ腐食防止で、ワイパーリンク、サブリンクを交換ですgood

四方コーナーやロッカーパネル…縞板だらけのジムニーもなかなかオシャレですnote

201519103913.JPG201519103944.JPG201519104022.JPG201519104112.JPG             パネル裏側も補強板溶接で強度増しですscissors

201519104152.JPG

              縞板周りは防水コーキング施工でサビ腐食防止ですscissors