ホーム>ブログ>ブログ

ブログ

ランクル70『ナナマル』の魅力全開!!

ランクル70復刻車が、発売開始されてからはや3週間が経ちますが、
ランクル専門店の弊社としましては、いまだ興奮冷めやらぬといった感じですup

こんな記事を見つけたので、是非ご紹介させて頂きます。

もちろん復刻版の新車もいいですが、年代物の中古車だって長~く乗って頂ける名車ですsign01
こちらにも記載していますが、やっぱり愛すべきheart01ランドクルーザーなのですheart04

 

ご紹介する記事はこちらを 

2014914115154.JPG

 

世の中3連休のGLOBALピット!

3連休スタートの初日ですdash

GLOBALピット内は ジムニーで溢れかえっていますup
予定通り、段取り良く、作業すすめて 代車の回転を… とgood
しかし、途中 中古車の商談も入って… やはり早くは帰宅出来ませんsweat02 (22時45分) 有り難い事ですnote

201491484952.JPG

ランクル70 センターパイプ交換!

ランクル70のセンターパイプ交換ですdash

このセンターパイプ交換は、少し難を極めますsweat01 そのまま、普通には脱着は出来ませんpaper

形がいびつな上、フレーム上部を通っていますので、隙間が無く、「知恵の輪」 のように考えても抜けてきませんsweat01
ここで 「ミッションジャッキ」 の登場ですscissors
ミッショントランスファーを下へ移動sign03 ミッション上部に隙間を作ることで、すんなり外れてきますgood

GLOBALからの、「お役立ちちょい知恵」でしたnote

2014911211048.JPG2014911211130.JPG

 

ランクル70系・リヤドアのきしみ音修理!(^^)!

ランクル70系のバンやプラドなどの、リヤドアが観音開き車のドアきしみ音で多くのオーナー様の依然sign02お問合わせが多いですが

原因の多くは、右側 (背面タイヤ取付側)ドア の下の当たりゴムの劣化によって、ドア本体の押さえが効かず
小刻みな車体の揺れで、「キシキシ」 きしみ音が出てしまいますsweat02
背面タイヤを背負うことで、ドア本体が外側に倒れようとするようです(ーー;)

画像右が劣化した既存の当たりゴムsweat01 左が純正品ではありませんが、純正より少々高さのある当りゴムですscissors
このゴムを交換することで、きしみ音はほぼ解消しますscissors
それでも解消しない場合は、同じ左側ドア上部のストライカーの当たりゴムの劣化が疑われますので、ここは純正部品で対応しましょうup

GLOBALからの、「お役立ちのちょい知恵」 でしたgood

2014911203738.JPG

2014911203818.JPG

ランクル70 タイミングベルト交換!(^^)!

本日はF様の20万キロの タイミングベルト交換ですdash

前回の10万キロタイミングベルト交換では、ウォーターポンプの交換がされてなかったので、少し本体から冷却水の滲みがありますsweat02
1HZのウォーターポンプはそうは簡単に冷却水は漏れません…が…、
やはり20万キロimpact  地球5周ですsign03  今回は交換と相成りましたscissors

次回交換は40万キロかなnote 頑張って走ってもらいましょうup

201495203758.JPG

ランクル80 リヤ・ブレーキキャリパー オーバーホール!(^^)!

ランクル80のリヤのブレーキキャリパー固着による、ブレーキ制動無しですsweat01
トヨタ系のブレーキトラブルは、他のメーカーよりも多いように思うのは、当社だけではないと思いますが…

特にランクル系のフロント ダブルピストンは定期的にオーバーホールはお勧め致しますnote

今回はランクル80のリヤブレーキですが、分解して見ると… やはりピストン部の首がサビてしまっていますsweat02
キャリパーのシールキットで、さっそくオーバーホールですdash
ブレーキの事ですので、ここの部分は定期的にオーバーホールして頂きたいですね!(^^)!

201495204835.JPG20149520497.JPG

県外からの車検ご入庫。有難うございますm(__)m

今回は新規ご入庫の新潟ナンバーのランクル76 車検整備とキーレスエントリの取付ですdash

お客様は現在、石川県のお住まいのI様
ランクル好きで、長く乗りたい…との事で、遠方1時間以上の距離を ご来店・お引き取りと… 本当に感謝ですm(__)m

お車は13万キロのランクル76で、ご入庫予定日直前のマフラーステーが折れてしまうトラブル発生で、予定日前倒しでご入庫頂きましたsweat01

さっそく、ご依頼分からの作業ですgood
下回り洗浄→ シャーシ防錆塗装→ 70特有のリヤドアきしみ音修理→ キーレスエントリー取付 同時進行で車検整備ですscissors

あまり定期整備箇所に整備跡が無いようですsweat02

●前後デフオイル交換 (トランスミッションオイルは交換歴あり!(^^)!)
●ステアリングタイロットエンド左右の調整
●燃料フィルター交換
●ドアヒンジ回りのグリスアップ
●ウィンドウのガラスランゴムへのシリコングリス湿布  などなど… この部分はしっかり整備することにより、後の修理代が節約、車輛もすこぶる快調になりますので
しっかり整備したいところですup

ランクル70系のセンターマフラー交換は、トランスミッションを移動しなくては交換作業が出来ませんsweat01
他社では、溶接修理で事を凌いでる場合が多いようですが、やはり長くは もちませんsweat02 お客様のご了解の元 交換させて頂きましたscissors

I様のお気持ち、ご期待に添えるよう、自分もランクル大好きですので、快調に長~く乗って下さいねup

201495214810.JPG201495214838.JPG201495214923.JPG

ジムニー、納車早々ご迷惑お掛けしましたm(__)m

先月、中古車納車させて頂きました Y様のジムニー(JA12W) が納車早々に
「急にエアコンが効かなくなり、ハンドルも重たいようです…」とご連絡頂き、さっそくご来店ご入庫頂きましたsweat01

さっそくお車 点検させて頂きましたところ、エアコンベルトが既に外れて、アンダーカバー上に落ちてしまっていますsign04sweat01

どうも よく見てみると、クランクプーリーとのベルトラインが歪んでしまっているようですsweat02
もう一度 エアコンベルトを取付して見ると、やはりベルトラインが歪んでいますsweat02 エンジンをかけてみるとベルトが外れてしまいますsweat01

原因は 「ベルトテンションアーム」 に亀裂が…impact これではベルトラインが歪んでしまっても仕方ありませんm(__)m
お客様に説明して、テンションアームを交換させて頂き、修理完了ですdash

二度とこのような見落としが無いよう、日々勉強させて頂く事をお約束し、
ご迷惑お掛けしましたので、ガソリン満タン給油と 給油口アタッチメント無償にて、 納車させて頂きましたm(__)m
Y様をご紹介頂きました、D様にも作業完了の連絡ですm(__)m

今回のY様とD様のご対応とご理解、本当に感謝です。
クレーム対応は大切です。クレーム言って頂ける事は、この様な状況でも、まだ当社に期待して頂いているサインですsign03 日々勉強ですsign03

2014830192935.JPG201483019306.JPG201483019317.JPG

JA11 冷間時、加速しない(ーー;)

平成7年式のジムニー JA11ですが、エンジン冷間時の加速しない…との事sweat01

この場合の多くの原因としては、点火系のトラブルが多いようですが、今回のJA11(F6A)の場合は、イグニッションコイル・ハイテンションコード
ポイント、プラグなどの点火系を点検してみましたが、特に問題はありませんでしたsweat02
こうなってくると、燃調系ですdash

さっそく 「フューエルストレーナー(燃料フィルター)」の詰まりが原因かもという事で、交換して見ると、見事 「ビューンdash」 ですscissors
ついでではありますが、スパークプラグも 「イリジュームプラグ」 に交換しておきましたup


201482615636.JPG20148261579.JPG

BJ74 ランクルのエンジンが止まらない(^^ゞ

本日は、新規ご入庫S様の 平成1年式ランクル BJ74ですdash

キーを 「OFF 」にしても、エンジンが止まらないsweat01…と、緊急でご入庫ですscissors
大切に乗っておられるようで、外装、下回り共に綺麗なBJ74です。
エンジンが止まらない原因としては、「燃料カット」か「空気カット」のいずれかです、今回のお車は機関を止める際に空気をカットする弁が動きませんsweat02
この弁を動かすのは、負圧を利用して、ダイヤグラムを動かすためのソレノイドバルブです、が、信号を受け取ったまま動いていないようですsweat01

さっそく 「ソレノイドバルブ」 の交換ですgood 見事に止まってくれましたscissors

201482615109.JPG2014826151047.JPG2014826151128.JPG