ホーム>ブログ>ブログ

ブログ

JA12 F6A エンジンオーバーホール工作!

本日は、JA12ジムニー エンジン不調による
F6Aオーバーホール工作作業ですdash

昨年から修理ご依頼頂いておりましたジムニーですが
思いの外、症状進行が著しくなってきましたので、ご予約前倒しにて緊急ご入庫となりましたsweat01

一番疑われる圧縮比は、3気筒共に規定値十分にありますgood
燃調系、電気系と考えられる全ての診断をしていきますが、最後の疑いとなりますエンジン本体に…
早速、シリンダーヘッドを外していきます。
「画像2」のように、シリンダーブロックのウォーターラインが詰まってしまっていますsweat01
故障原因が判明すると「ほっ」としますね~happy01
原因の判明しない故障程、辛い作業はありませんgood

ヘッドからブロック、ラジエターやヒーターコアなど全てのウォーターラインの開口に
全力を尽くしていきますup

2021717225155.jpg2021717225220.jpg202171723856.jpg

 

「GLOBALアゲトラ」ブラック限定スタイル完成間近(^^)v

本日は、ご注文頂いておりました「GLOBALアゲトラ」の
ブラック限定スタイルとなります、ゴールドフェイス仕様のアゲトラに
ハードカーゴさんの
BOXや、ルーフバスケット、ゲートの取付工作作業ですdash

先日のブログでもご紹介させて頂きましたが
カスタマイズは、やはり長期良好なスタイルを維持することが、長く乗って頂けるためには重要な事の一つですが
今回も、ルーフバスケットの取付には
スチールパーツ同士の組み合わせになりますので
組み合せ部への一工夫ですが、どうしても車ですので、走行中の振動などで
組み合わせ部が摺り合う事で、塗装膜が剥がれ、そこからサビが発生してきますsweat01
「画像3.4」のように、緩衝材を挟めることで、部材同士の擦り合いが無くなり、サビの発生を抑制することが出来ますgood

また、当社おなじみの作業工程ですが
生鉄ボルトやナットには、クリアー色の防錆塗料を塗っていきますgood

この防錆対策は、早ければ半年後、数年後には明らかに、状態に差が出てきますhappy01
大切なのは、お客様の車も、自分の「愛車」として作業することで
作業工程は、自ずと丁寧になりますね~happy01

202171623224.jpg202171623248.jpg202171623329.jpg202171623354.jpg202171623421.jpg202171623438.jpg202171623514.jpg202171623544.jpg202171623617.jpg

「GLOBALホビーエース」製作(^^)v

本日は、色替え全塗装から戻って来ました
タウンエースバンを「GLOBALホビーエス」へカスタマイズ製作開始ですdash

塗装下準備で、外装品は勿論ですが
内装品、天井内張りやウインドーガラスなどなど、組み戻し作業から着手ですup

今回の塗装カラーは、トヨタRAV4の「アーバンカーキ」へ色替えですup
組み上げて行くほど、完成が楽しみで堪りませんhappy01

202171622358.jpg2021716223537.jpg

GLOBALファミリー「96-86」2台車検ご入庫(^^)v

本日は、「96-86」グローバルナンバーの車検が2台入庫ですup

オリパラナンバーの予約期限が9月までとなりましたが
近年では販売車の多くは、希望ナンバーでの登録をご希望のお客様が多いですが

本当にありがたい事ですsign01
それも「96-86」グローバルナンバーをご希望されるお客様が多く
軽乗用自動車に至っては、既に二巡目に入っておりますup

この皆様のご期待に添えるよう
日々精進させて頂き、皆様の必要とされる企業目指し、頑張らせて頂きますsign01
今後とも、宜しくお願い致しますm(__)m

2021714213016.jpg2021714213031.jpg


 

GLOBALアゲトラ ハードカーゴBOX取付工作(^^)v

本日は、構造変更申請も完了し
荷台オプションとなります、ハードカーゴさんのBOXの取付工作作業ですdash

パーツは全組み立て式となり、荷台へはアンカーボルトで固定していきますgood
当然、荷台穴あけ加工作業となりますが
穴開け加工に必修工程は、加工部のサビ対策ですgood

開口部へのサビ止め塗装は勿論ですが
組み立て用に付属されています、生鉄ボルトやナット類も
箇所によって、ブラック色とクリアー色のサビ止め剤で塗っていきますhappy01

カスタマイズは、見栄え良く、便利にを望んでのカスタマイズですので
長期、良好な状態を保つことが重要ですね~up

2021713221745.jpg2021713221812.jpg2021713221838.jpg2021713221854.jpg2021713221915.jpg2021713221941.jpg

GLOBALアゲトラ 3色完成間近です(^^)v

ご注文色が見事に異なった「GLOBALアゲトラ」3台sign01
納車に向けて、追い込み製作中ですdash

どのカラーも、アゲトラスタイルは惚れぼれしますね~up
製作していても、納車時のお客様の喜んで頂けるその日が、楽しみでなりませんup

ご注文頂いた時よりも
当社の社訓にもあります「納車、納品時が楽しみにならなくてはイケませんsign01

お客様の喜んで頂ける事だけをイメージしながら作業に従事することで
完成度が上がりますsign01
販売会社の営業は、販売数字を追いかけますが、
当社は販売中心の会社ではありませんhappy01
全社員で、納車・納品後の満足度数を追いかけ続けますsign01

 

202171021381.jpg2021710213827.jpg

2021710213740.jpg

 

ランクル70 ACコンプレッサー交換

福井県も梅雨入り真っ最中ですが
毎年、夏に向けてのこの時期から修理ご依頼が増えてくるのが
エアコン修理ですdash

そんな今日は、ランクル71のACコンプレッサーの交換作業となりましたcoldsweats01
HZJ7#系のコンプレッサーのマグネットクラッチの固着は多い故障事例ですが
当然、クーラーガスは抜き取りが必須作業となりますgood

既にコンプレッサー異音も発生しており
ダストが配管に回っておりますので、レシーバータンクも同時交換して置かなくては
せっかく新調したコンプレッサーを壊してしまいますhappy01

各2点交換後は、真空引きにてクーラーガス充填で
さすがランクルですね~
カゼ引くくらい、冷え冷えですup

今年の夏も、「猛暑」予報ですので、快適ドライブにはエアコンは貴重なアイテムですね~happy01

20217102144.JPG202171021424.JPG202171021829.JPG202171021851.jpg

HZJ76 2回目のタイミングベルト定期交換(^^)v

本日は、継続車検でご入庫頂きましたランクル76バンですが
生涯2回目となります、タイミングベルトの定期交換作業となりましたgood

当社では、タイミングベルト交換と同時に作業させて頂いていますのが
ウォーターポンプとフロント側カムシャフトオイルシールの、同時交換ですup

10万キロ、回り続けたベルトとテンショナーベアリングですが
やはり国産ですね~
外した部品も、痛みも無く、ベアリングもまだ奇麗な状態ですgood
タイミングベルトのダストカバーのお陰でしょうね~happy01

ランクル系のタイミングベルト交換は、作業時間40分程で作業は終了しますが
このクイック性が、30万・40万キロ走行できる要因なんでしょうねup

最近の車両は、性能は確かに良くなっていますが
耐久性という事となると、旧車に比べれば劣ってきますねcoldsweats01
これが、最近の旧車ブームの由縁なんでしょうねhappy01

202178222328.jpg202178222345.jpg202178222422.jpg202178222445.jpg20217822255.jpg

新車コンプリート3台製作中(^^)v

本日は、GLOBALコンプリートのアゲトラとアゲバンの製作三昧の一日となりましたup

また今日は、ご注文頂いておりました
ダイハツ キャストの新車も入庫して来ましたup

看板商品車以外にも、当社にご縁頂けることは
本当に有難い事ですup
キャストですが、さすがに足回りカスタマイズは無いのですが
ナビやバックカメラ、ドライブレコーダー取付と
電装カスタマイズに着手させて頂きますので、納車までもうしばらくお待ちくださいhappy01

20217821589.jpg202178215830.jpg2021782201.jpg

 

ランクル70 噴射ポンプO/H&サイドブレーキワイヤー製作(^^)v

本日は、HZJ73ランクルの
燃料漏れによる、噴射ポンプのオーバーホール工作と
パーキングブレーキケーブルの製作工作作業ですdash

燃料漏れは、噴射ポンプからの軽油漏れですが
ポンプ本体裏側から燃料漏れが発生しておりますので、車上では修理は難しく
噴射ポンプAssy取り外しにて、オーバーホール工作となりましたgood

ポンプ本体脱着ですので、タイミングベルトも外していきますdash
次回交換時期も近く、オーバーホール工作と同時に、タイミングベルトとウォーターポンプの定期交換も実施させて頂きましたup

次は、サイドブレーキが効かないとの、修理ご依頼ですが…
既に、ブレーキワイヤーは伸び切っており、引きしろMAXですが、リヤドラム裏のベルクランクは全く無反応ですcoldsweats01
通常ですと、このブレーキワイヤーを交換すれば直るのですが…
ナントimpact このパーツ、メーカーは既に製造廃止となっており
最終型74のミドルボディーのワイヤーも既に製廃coldsweats01
ならばと、70や71のショート用のワイヤーは、辛うじてメーカー在庫ありましたので
加工ベースに調達出来ましたup

しかし、当然長さが合う訳も無くcoldsweats01
ミドルボディー用に、長さ延長しなくては、リヤブレーキシューを動かすことは不可能ですsweat01
今回の修理ご依頼車は、マニュアル車ですので、サイドブレーキ無くしては駐車は難しく
有るものを加工してでも、ワイヤは作らなくてはイケませんsign01

そこで、旧ワイヤと新調ワイヤーを使って、車両合わせしていき
73用のサイドブレーキワイヤーを作っていきますup

基本的には、ワイヤークランプを利用し、ワイヤー長を伸ばしていきますが
クランプ締めだけでは、万が一抜けてしまえば、ブレーキ制動は0となりますので
クランプ抜け防止に、2本のワイヤーを溶接にて固定しておきますgood

40系や60系などでは、製廃の為にワンオフ製作や現物修理は当たり前ですが
70系も、最近では少しづつ製廃部品も増えてきましたね~coldsweats01
ランクルオーナー様sign01そうなる前に、早め早めの早期予防交換をお勧め致しますhappy01

202177204956.jpg202177205023.jpg202177205037.jpg202177205119.jpg202177205148.jpg202177205232.jpg202177205254.jpg