ホーム>ブログ>ブログ

ブログ

早朝7時、岐阜県会場入り

本日は、朝5時半起床で、岐阜オークション会場まで現車下見ですdash

お客様からのご要望車種ですが
中古車仕入れで一番重要なのは、価格も勿論ですが、良質な車体で、お客様のご予算に
可能な限り出精することが、一番大切ですup
良質か否かは、現車下見によりエンジン、下回り、内外装と細かく見ることが重要ですので、
本日は、オークション会場まで出張下見ですgood

但し今日は、9時半からご商談ご予約が2件ありますので
9時には帰社目標での逆算出発up
岐阜会場入り7時で、1台現車下見後、急ぎトンボ帰りですdashdash

見事に9時sign015分前に出社scissors
下見車両は、オークションライブで無事落札完了good
今日の予定も、何とか完遂出来ましたhappy01

但し、歳ですね~coldsweats01
17時頃からは「睡魔」に襲われながらの業務遂行でしたsweat01
昔は、こんな事は当たり前で、疲れ知らずだったんですがね~coldsweats01

2020620213914.jpg2020620214025.jpg2020620214142.jpg2020620214056.jpg


 

 

78プラド 継続車検で新規ご入庫

本日は、県外から継続車検で新規ご入庫頂きましたN様の78プラドの
12ヶ月分解車検整備作業ですdash

昨年、石川県のプラド専門店でご購入された78プラドですが、
ご入庫ご予約時点では、昨年ご購入された車両ですので、分解清掃と各部の締め付け調整などの
大掛かりな作業時間は予定しておりませんでしたが、
受け入れしてみてビックリですsweat01

四駆は入らないsweat02
ご購入後1万キロほどの走行で、すでに前後のブレーキパットは無くsweat02「画像5」
「画像2・3」リヤのブレーキローターは、おそらく走行時にタイヤが外れたのでしょう…ブレーキローターとダストカバーが削られてしまっており
ローター厚みも規定厚すらありませんsweat01
また、オルタネーター交換歴やグロープラグなどの交換歴もありませんので
交換整備ご提案後、交換作業をしていくと…
何かが手に刺さり、よく覗いてみると…殺気を感じますimpact 「画像6・7」カッターナイフが落ちていますcoldsweats02

他にも、雨漏りや異音などと、色々とありましたが、お客様と車には責任はありませんsign01
簡単な締め付けや調整、補修、グリスアップは的確に実施しておきましたgood
おそらくすこぶる調子よく走ってくれると思いますup

このような他社様の管理車両を受け入れ、あれやこれやと交換や予防整備をお勧めし、オーナー様にご提案するのも
当社の方が悪徳のように思われないか…
全力で整備するのが、なんともやり切れなくなりますdown

一週間もお預かりしてしまいましたが、
1KZのプラドは、しっかり整備してあげれば、素晴らしい走りをする車ですup
今回は、少々高い車検代となってしまいましたが
縁あって手元に来た車ですup
もう一度買い直した気分で、是非今後もオーナー様の「愛車」として、大切に、永く長く乗ってあげて下さいhappy01

2020619225737.jpg2020619225813.jpg2020619225847.jpg2020619225940.jpg202061923755.jpg202061923317.jpg202061923335.jpg20206192343.jpg202061923541.jpg20206192368.jpg202061923626.jpg202061923655.jpg202061923710.jpg

今週は、事故や故障での緊急ご入庫が続きます(^^ゞ

今年の冬は積雪も無く、事故などの緊急入電が少ないスタートで本当に良かったのですが…
今週は日曜日から、立て続けに3件の事故入電があり
ロードサービス含めると、3日間で計7回の緊急搬送出動となりましたsweat01

暑くなって来たからなのでしょうcoldsweats01
バッテリー上がりや、水温度系の異常、エアコンなどの空調故障などなど
繁忙期月のような、怒涛の追い込みですdashdash

ご予約作業の受け入れの日程変更や、代車の回収と…
ホワイトボードとにらめっこの一週間となりそうですsweat01

しばらくの期間、代車薄の状態と作業待ち状態が続き、本当にご迷惑をお掛け致しますが、
このような事態であればこそ、決して手抜きせず、気持ち落ち着かせて
やはり作業には「全てに全力でsign01」全社員頑張らせて頂いておりますので
代車不要のご協力と、車両の持ち込みや、納車お引き取りにご協力お願い致しますm(__)m

2020618204854.jpg2020618204920.jpg

新車ハスラー 納車前カスタマイズ作業(^^)v

当社は、ジムニー&ランクルなどの4WD専門店ですが
お客様のご家族、またお知り合いの方と、多くのご紹介を頂き、本当に感謝sign01誠にありがとうございますm(__)m
ご紹介頂くには、ご紹介のお客様、また納車させて頂くお客様には
価格は勿論ですが、アフターサービスも含め、絶対にご満足頂かなくてはイケませんup

そんな今日は、今週末納車となりました、新車ハスラーの
納車前カスタマイズ作業ですdash

最近では本当に多く、販売時オプションのご注文を頂きます「ドライブレコーダー」の取付ですが
ETC車載器の取付と同じ位の、販売時の取付比率となりましたhappy01

やはりこれからは、新型ウイルスコロナの感染予防から、自家用車移動が益々増えてきますが
より安全に、より快適に、より個性的に…と、自分仕様のカスタマイズご依頼が多くなってきておりますhappy01

カスタマイズ技術は、個々のパーツをただ取付るだけではなく
加工部や配線箇所の、サビや水漏れ対策、故障回避のための配線引き回しや電源接続方法が試されますねgood

2020618202113.jpg2020618202130.jpg

今日の福井県はドシャ降りの雨(^^ゞ

今日の福井県は「ドシャ降り雨」の一日となりましたが
こんな雨にも関わらず、ご来店者様も途切れることなく、一時パニックになる程の
接客のキャパの無さを痛感しておりますcoldsweats01

折角ご来店頂いたのに、接客も出来ずにお帰りになられましたお客様におかれましては
本当に申し訳ありませんでしたm(__)m
またご来店頂けますよう、社員一同心よりお待ちしておりますので
是非、ご予約の上、ご来店頂けますと幸いですhappy01

現場は、ご予約のリフトアップ工作作業ですdash
当社のお客様からのご紹介で、今回、新規にご入庫頂きましたJB23ジムニーですhappy01

今日は、屋根があることに感謝でしたね~up

2020614205641.jpg2020614205657.jpg2020614205713.jpg

JB64 新車コンプリート完成です(^^)v

本日は、ご注文から本当に長い期間おまたせしておました
JB64ジムニーのコンプリート完成納車となりましたhappy01
ナンバーは「96-86」GLOBALナンバー登録と、本当に感謝致しますsign01

さっそく、足回りはGLOBALオリジナル2インチキットの組み込みからスタートさせて頂きますup
前後バンパー、リヤナンバー移動と、ペニーレインさんのパーツをご指定頂き、組み付けと…
続いて、ナビなどの電装カスタマイズ工作ですgood

最近では、新型ジムニーのバンパーカスタマイズ注文も多くなってきましたが
作業手順と致しましては、ノーマルバンパーから交換ですが、取付方法が違いますので
バンパーカスタマイズの多くは、フレームやメンバー部への取付用の穴あけ加工は必要となります。
ここで一番重要な作業工程が、穴あけ加工部の防サビ対策ですsign01
ここはしっかりと、塗膜厚での塗装が必要ですので、「画像5」やはりサビ対策には「刷毛塗り」が一番効果的ですgood
また、取付用の付属ボルトですが、多くの場合はスチールボルトですので、
ここは絶対に、サビさせたくないですし、サビてしまったボルトで外観を損ねないよう「画像6」クリーア塗料でサビ対策実施ですgood

また、ナンバー移動に伴う、配線引き込みの際のバックドアへの穴あけ加工ですが
可能な限り、穴あけ加工は避けて行きたいですね~coldsweats01
そこで、今回は取付ボルト中央への穴あけ加工により
「画像7」既存のアンカーナットから、ボルト内を通して配線させて頂きましたup

待望の「ジムニーライフsign01
これから夏に向けて、海や山へと、悪路気にせず、大自然の中、地球を満喫up楽しんで下さいhappy01

2020614202640.jpg202061420275.jpg2020614202738.jpg202061420289.jpg2020614202831.jpg202061420294.jpg2020614202922.jpg2020614203614.jpg

 

95プラド 絶好調の442,000キロ車検整備(^^)v

本日は、442,000キロ走行の95プラドの継続車検分解整備ですdash

当社とのお付き合いは、37万キロ時の法定12ヶ月点検整備ご入庫からスタートでしたが
その間、定期部品交換や予防修理交換とお勧めさせて頂きながら
24ヶ月車検と12ヶ月法定整備で、3年前から毎年ご入庫頂いており、今ではGLOBAL管理となりました95プラドですhappy01

オーナー様は、新車からワンオーナーの、1KZ 3.0ターボディーゼルですup
内装、外装の状態は臂臑に良好ですgood
オーナー様曰く「絶好調」ですとの事happy01

しかし今回の車検整備では、やはり442,000キロですsign01
ご提案させて頂いたのは、ブレーキディスクローターの規定厚痩せと、定期交換となりますグロープラグの交換ですgood

当社の管理車両の中でも、走行40万キロ超えの車両も多くなってきましたup
折角、縁あって手元に来た車ですsign01本当に大切にされておられますオーナー様も増えてきて、嬉しい事ですsign01

当社は、そんなオーナー様のカーライフsign01
「全てに全力でup」お手伝いさせて頂きますup

202061121215.jpg202061121429.jpg202061121237.jpg20206112130.jpg202061121323.jpg202061121340.jpg20206112142.jpg

 

JB32シェラ 冷却水漏れ(^^ゞ

本日は、定期オイル交換にてご入庫頂きましたが
簡易点検で冷却水漏れ発見し、そのままお預かりさせて頂きましたJB32シェラの
ウォーターポンプの交換作業ですdash

高温度になりますこれからの時期は、本当に冷却水の管理は必須ですup
発見時の漏れは、それ程多量ではないのですが
高温圧力が加われば、いつ大量の冷却水が漏れても不思議ではありませんsweat01

JB32の場合、ウォーターポンプはタイミングベルト脱着が必須作業工程ですので
先ずは、タイミングベルト外しから作業スタートですdash
「画像2」でも判断出来ますが、やはりウォーターポンプとエンジンブロックとの接合部から冷却水が漏れたようですsweat02
但し、このJB32は1万キロ手前で、タイミングベルトとウォーターポンプの交換歴があるようですが
交換工程に問題があったようですね~coldsweats01

冷却水管理とオイル管理は、車にとっては必須管理ですので
早期発見、早期修理は絶対に必要ですgood

2020610221633.jpg2020610221658.jpg2020610221722.JPG2020610221742.JPG

ランクル81 リヤヒーターパイプバイパス手術(^^)v

ランクル80系のリヤヒーターパイプですが、このパイプは
フロントマフラー上部のフロアーパネル裏に配管されていますが
取付箇所の設置場所に問題があり、よほどのメンテナンスをしない限り
経年劣化による、サビ、腐りが発生しますsweat01

今回ご入庫のランクル81ですが、
ご依頼作業は、フロントとセンターマフラーの交換でのご入庫ですが
マフラー交換の際に、「画像2・3」リヤヒーターパイプの腐りを発見impact

これから夏に入っていくこの時期、万が一、走行中に冷却水の漏れやパイプ破裂を起こせば、エンジンは命とりとなりますので
修理の必要性をご説明させて頂き、マフラー交換作業と同時に修理作業とさせて頂きましたgood

修理には2つのパターンをご提案させて頂き、
先ずは、リヤヒーター機能を残し修理する方法としては、
腐ったパイプをカットし、カット部にフレアー加工後ヒーターホースをジョイントしていく工法happy01
もう一つは、修理金額の安価な、ヒーター機能を殺す修理ですが
エンジンルーム内で、フロントヒーター分岐部でパイプをバイパスする工法ですgood

今回は、リヤヒーター機能を殺す、バイパス工法にて修理させて頂きましたhappy01
このバイパス工法で、フリーになったリヤヒーターパイプは、後々リヤヒーター復活も視野に入れ
腐ってしまわないように、ゴムキャップで水やゴミが混入しないよう対策しておきますgood

またいつか、後席の方のためにヒーティングしたい時には、また復活させましょうね~happy01

2020610214020.jpg2020610214144.JPG202061021427.JPG2020610214237.jpg202061021431.jpg202061021443.jpg2020610214432.jpg

 


 

 

石川県からご入庫「ジャダー」修理加工(^^)v

本日は、石川県からご入庫頂きましたJB23の「ジャダー修理」作業ですdash

毎月本当に多くのお問い合わせや、作業ご予約を頂いておりますが
現在、受け入れまで2か月近くお待ち頂いております状況に、本当にご迷惑お掛け致しますが
日々の車検とカスタマイズなど、整備士3人でフル作業進行中ですので
どうかご理解を頂きますよう宜しくお願い致します。

ジャダー修理は、基本は強化対策キングピンベアリングの組み込みと自社強化品テンションロッドへの交換ですが
その中でも、一番重要な作業は、ナックルアームのサビ取りと防サビ塗装ですgood

「画像2」ナックルアームは、ルーターブラシとサンドペーパーを駆使し、時間をかけてでもしっかりと磨き上げていきますup
また磨き後は、サビ防止剤にて塗装後、組み上げていきますgood「完成画像5」
ジャダーの発症の一番の原因は、ナックル内に水や砂などが混入する事で
ベアリングがサビつき、ベアリングボールを痩せさせてしまう、結果ベアリング本体にガタが出てしまう事です。

せっかく、遠い所からご入庫頂き、ジャダー対策修理をして頂いても
ナックルオイルシールをアームに付着のサビにより、傷つけてしまい、結果、長期改善が出来なくなってしまえば
お客様の貴重な時間と費用をかけても、無駄にさせてしまいますsweat01

当社にご相談頂くオーナー様、皆さん仰るのは、いろいろなショップさんや簡易パーツで費用もかけてきましたが
未だ改善しないと…
やはり原因の根本を改善しなくては、長期改善はしませんし、そこまでの分解組み付け工程全てに確信の技術作業ありますhappy01

20206721506.jpg202067215151.jpg202067215250.jpg202067215334.jpg

 

202041119029.jpg

 

 

 

 

 

危険事例】 すでにジャダーが発症しているキングピンベアリングに、シム増しにより調整をした場合の キングピンベアリングの破断事例ですsweat01→こちら!!