JB23 法定点検実施から「ジャダー修理」

本日は、新規ご予約頂いておりましたJB23ジムニーの法定12ヶ月点検作業ですdash
今年、他社様でご購入されたジムニーらしいのですが、ご購入後、何かとトラブル続きだったらしく
もう一度、車両の状態チェックと各所の点検のご依頼ですhappy01
ご予約頂きましてから、本当に長くお待ち頂き、ご理解とご協力に感謝致しますm(__)m

オーナー様の気になる故障状況と致しましては、やはり「ジャダー症状」らしく
最近になって、日に日に酷くなってきているようですsweat01

また、今回の点検で判明したのですが
四駆への切替作動が、3回に1回ミスするような状況で
原因を探っていきますと、ハブを動かすためのバキュームパイプが腐ってしまっていて「画像4.5」
そこからエアーが漏れてしまっていますsad
ご購入後数ヶ月でこのような腐りはしないので、おそらく四駆作動確認は未実施でしょうね~coldsweats01
それよりも、点検でこの腐りは目視出来ますので、見ない振りなんでしょうね~impact
何とも言えない感情が湧いてきますangry

ジャダー修理に関しましては、毎月本当に多くのお問い合わせや、作業ご予約を頂いておりますが
現在、受け入れまで2か月近くお待ち頂いております状況に、本当にご迷惑お掛け致しますが
日々の車検とカスタマイズなど、整備士3人でフル作業進行中ですので
どうかご理解を頂きますよう宜しくお願い致します。

ジャダー修理は、基本は強化対策キングピンベアリングの組み込みと自社強化品テンションロッドへの交換し
各所の全調整と締め付けですgood
その中でも、一番重要な作業は、ナックルアームのサビ取りと防サビ塗装ですsign01

ナックルアームは、ルーターブラシとサンドペーパーを駆使し、時間をかけてでもしっかりと磨き上げていきますup
また磨き後は、サビ防止剤にて塗装後、組み上げていきますgood
ジャダーの発症の一番の原因は、ナックル内に水や砂などが混入する事で
ベアリングがサビつき、ベアリングボールを痩せさせてしまう、結果ベアリング本体にガタが出てしまう事です。

せっかく、遠い所からご入庫頂き、ジャダー対策修理をして頂いても
ナックルオイルシールをアームに付着のサビにより、傷つけてしまい、結果、長期改善が出来なくなってしまえば
お客様の貴重な時間と費用をかけても、無駄にさせてしまいますsweat01

当社にご相談頂くオーナー様、皆さん仰るのは、いろいろなショップさんや簡易パーツで費用もかけてきましたが
未だ改善しないと…
やはり原因の根本を改善しなくては、長期改善はしませんし、そこまでの分解組み付け工程全てに確信の技術作業ありますgood

20221014223417.jpg20221014223451.jpg2022101422355.jpg2022101422362.jpg20221014223635.jpg

 

 

 

 

 

 

危険事例】 すでにジャダーが発症しているキングピンベアリングに、シム増しにより調整をした場合の キングピンベアリングの破断事例ですsweat01→こちら!!

 
2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031