京都からご入庫、78プラド法定点検&各部補正修理

本日は、ご予約頂きましてから本当に長らくお待たせ致しておりました
京都からご入庫の、78プラド法定点検実施と、各部補正修理作業ですdash

先ずは法定点検分解整備ですが、当社の法定点検メニューは車検分解整備とほぼ同じ内容のメニューで
全点検整備とさせて頂いておりますhappy01

数年前に他社様でご購入されたリフトアップ施工済みの78プラドですが
ナントimpactリフトアップに伴う、キャスター角の補正ならびにブレーキ補正が未対策となっておりますsweat01
これでは、車両の直進安定性が無く、またブレーキ補正も未対策ですので、ブレーキ制動も当然の事、甘いようですsweat02
お客様曰く「リフトアップ車は初めてなので、こんなものかと思っていましたcoldsweats01」との事sign01

リフトアップを施工することで、安全性を失うのであれば販売は避けなくてはイケませんsign01
車はお客様の命を乗せて走らせるモノですsign01
足回りの改造は、しっかりとした知識の上で施工し、安心安全な良好な状態で販売して欲しいものですgood
「見栄え良ければ全て良し」は、絶対に止めて頂きたいimpact

リフトアップに伴う、キャスター角補正はリフトアップ量を計算し、偏心角度調整で直進安定性能を確保していきます「画像2.3」
また、ブレーキ補正も同じようにリフトアップ量と比例し、ロードセーシングバルブを制御させていきます「画像4.5」

また今回は、リヤのプロペラシャフトからの異音も確認出来ましたので
スパイダルジョイントの打替えも実施good
やはり30万キロ走行車ですので、目視と触診診断は必須ですねgood
さっそく、プロペラシャフトのオーバーホール工作です「画像6.7.8.9」
前後のスパイダルジョイント組み替えと同時に、長年詰まっておりましたグリスの入れ替えから
ジョイント部のサビ取り、サビ止め再塗装と…up
四駆の性能を十分に発揮できるよう、経年劣化や予防整備も含めて、もう少しお時間頂きますが
最後まで「全てに全力でsign01」作業させて頂きますhappy01

20237921541.jpg202379215419.jpg202379215444.jpg20237921552.jpg20237922051.jpg202379215653.jpg202379215734.jpg20237921586.jpg202379215849.jpg

 

 



 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031