JA22 シリンダーヘッド&ピストン オーバーホール工作(^^)v

本日は、エンジン不調でご入庫頂きました、JA22 K6Aエンジンの
オーバーホール作業ですdash

エンジン不調の原因としては、1番シリンダーの圧縮不良ですcoldsweats01
K6Aエンジンの3速オートマによくある故障ですが、
3速オートマでの巡行による、高回転走行と熱ダレによる「バルブ痩せ」が原因の一つですが
「画像2」分解後のシリンダーヘッドですが、やはり1番シリンダーのバルブが痩せてしまていますsweat01

さっそく全バルブの打替え作業となりますが
バルブ交換自体は、粛々と作業進めていくしかありませんが、ここで一番重な作業は
タッペットカバーやシリンダーブロックの、徹底的な洗浄作業ですgood

この作業を怠ると、せっかく組み上げても、残ったスラッジや炭化煤で、バルブ温度が上がってしまい
また「バルブ痩せ」を引き起してしまいますsweat02

また、旧車が故の経年消耗となります、ピストンリング痩せから起こる「オイル上がり」
エンジンオイル消費現象ですが
せっかくシリンダーヘッドを降ろしますので、もう一つ工程を進め「ピストン抜き」
ピストンリングの溝に固着しています、スラッジを全て残らず取り除き、オイルドレンを確実に行っていきますup

但し、旧車のエンジン整備には、既に廃版パーツも多く
ボルト折れは日常茶飯事ですが、今回もやはりボルト折れが2か所発生しており
シリンダーヘッドは既に廃版品ですので、現物修理ですgood
その際、特にK6Aはオールアルミエンジンですので、ガスも使えませんsweat01
「画像5」ひたすらドリルとタップで、ボルト穴の修正をしていきますup

リフトは一か所1基、集中整備となり、独占されてしまいますが
今月は、あと2台のシリンダーヘッドのオーバーホール作業が控えておりますので、
当分の間、1番リフトはオーバーホール工作で、占有されてしまいますcoldsweats01
場外整備も視野に入れ、しばらく好天sunが続きますように…up

20211022215229.jpg

20211022215058.jpg20211022215131.jpg2021102221521.jpg20211022215312.jpg2021102221542.jpg20211022215432.jpg

 


 

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031